「もののけ姫」考察!シシ神の正体は?存在していた意味は?

自然と人間との調和。

争うことの醜さと、他者との共存。

様々なドラマから私たちの心に残る「もののけ姫」という作品。

その中でも、やはり気になるのは大きな力を持っているシシ神。

正体と存在ていてた意味はなんなのでしょうか?


スポンサーリンク

作中での物語で、大きな役割を持っているシシ神。

アシタカ、サン、エボシ、ジコ坊。

誰もがシシ神のもとへと集まっていく形となっていきます。

このシシ神とは一体どんな存在だったのか?

また、なぜそこに存在しているのか?

考えていってみましょう。

なぜシシ神と呼ばれているのか?

作中では、誰もがシシ神と呼んでいます。

命を司る森に住む神。

シシとは、ジコ坊がヤックルのことをアカシシと表現しているように、動物のことを表すのかもしれません。

また、シシ神の役割、姿形、様々な角度から見てみると、色々と考えられます。

シシは、獅子、猪、四肢、死屍のいずれかかもしれない。

その真相はわかりませんが、私は容姿はあらゆる動物を掛け合わせたような姿をしているため、シシとは「生き物」という意味ではないかなと思います。

日本に伝わる古語でも、シシは食肉のことや獣のことを示していたと言われています。

シシ神とは、動物の神、生き物(もちろん人間も含む)の神という意味ではないかと思われます。

なぜ夜はデイダラボッチになるのか?

シシ神は、夜の間は大きな体で半透明のデイダラボッチの姿となっています。

デイダラボッチとは、日本に古くから伝わる伝説の中で、「国造り」、つまり山を作ったり谷を作ったり川をう作ったりする存在です。

夜の間は、大自然そのものの象徴として、ひとつの森には存在せずに、自然界のあらゆるものへと帰還しているという表現でしょう。

実際に、野や山の木々や植物というのは、日光の当たらない夜のうちに成長していくので、理にかなったものともいえる。

シシ神が命を司るのはなぜ?

シシ神は、昼と夜とで違う姿をし、命を司る存在として怖れられている。

この存在は、やはり誰にも抗うことのできない絶対的な神であるということ。

生きとし生けるものの全てを握っている存在であるということ。

つまり、天から与えられた大自然そのものが、姿形として目に映っているというだけのことだ。

愚かにも、人間は神の作った自然を私利私欲のために破壊し、さらには神の首まで奪おうとした。

それは、人間も含む全ての生き物の終焉を迎えること。

シシ神が、命を与えもし、奪いもするのは、生きとし生けるものは全て、そこで生きているというよりは「生かされている」ということを表現したものでしょう。

これが、シシ神が存在している意味にもつながり、神道の真髄に近い思想へと近づいていきます。

スポンサーリンク

シシ神とは一体なんだったのか?

シシ神とは、やはり生きとし生けるもの全ての神。

つまり、人間も含めた自然界にある全ての象徴。

人間たちは、自分たちの力を傲り、自然界とは隔した存在だと勘違いして、神に抗って生きようとする。

しかし、そこに生きている人間も自然界の一部であるということを忘れてはいけない。

シシ神とは、自然そのものであり、人も含めた世界そのもの。

そのシシ神を首を落とせば、世界は崩壊して当然とも言える。

神の存在を疑い、抗い、冒涜する行為を働けば、必ず神の洗礼を受けてしまうもの。

日本の歴史を紐解き、省みれば、必ずこういったことが繰り返されている。

神は確かに存在していて、計り知れない力を持っているもの。

シシ神とは、この世の全てを司っている神であって、この世界そのものであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください