「もののけ姫」心に響く名セリフ・名場面!あなたはどう感じる?

Contents

ジブリアニメの超大作「もののけ姫」。

様々な角度から見て、感じることができる奥深い作品。

心に響く名セリフや名場面から、あなたは何を感じて何を学び取るだろうか。


スポンサーリンク

自然と人間とが共生することを題材とした「もののけ姫」だが、様々な人間模様が交錯し、見る人たちの自分の感性をそのまま映しだしています。

印象に残るシーンやセリフというのは、あなたの中にある何かが揺れ動く証拠です。

私なりに心に響いたと思うシーンから、抜粋して紹介します。

「誰にもさだめは変えられない。だが、ただ待つか自らおもむくかは決められる」ヒイ様

どんな理由があったとしても、自分の行いには自分で責任を持たなければいけない。

それをそのままにして時間が経つのを待つだけが、こちらから立ち向かっていくのかは自分次第。

生きていく上で忘れてはいけないことかもしれません。

「肝心なことは死に食われぬことだ」ジコ坊

師匠の受け売りだと付け加えて言った言葉ですが、この何気ないひとことがとても深い。

生きることは死に食われない、恐れないこと。

どのような意味合いが込められていたかはわからないが、あなたはどう感じるだろうか?

「戦、行き倒れ、病に飢え。人界は恨みを残した亡者でひしめいとる。タタリというなら、この世はタタリそのもの」ジコ坊

とても悲しい現実を語るこのセリフ。

文明が発達すれば、必ずどこかにこのような現実が現れるものなのでしょうか?

ジコ坊が話す言葉だからこそ、なおのこと悲しく聞こえます。

「我が名はアシタカ!東の果てよりこの地へ来た!そなたたちはシシ神の森に住むときく古い神か!」アシタカ

アシタカとサン、山犬たちが最初に出会うシーン。

ここで注目したいのは、やはりアシタカの毅然とした態度だ。

何もやましさもなく、それ故に恐れることはない。

こうした姿勢を見せることによって、同じ人間でも山犬たちは敵とはみなさない。

もちろん、アシタカは何も考えずにそうしているのだが、これは見習うべきところ。

「曇りなきまなこで見定め、決める」アシタカ

タタラ場でエボシ御前に出会い、この地へ来た理由を述べるシーン。

このセリフから受け取れるのは、アシタカがまだ呪いとどのように向き合えばいいのかわからず、その答えを探しているといこと。

それには、曇りなきまなこで見定める覚悟が必要だということ。

これは、私たち現代人にもとても重要なこと。

傷を受けた者にしかわからない痛みがある。

だからこそ、これから自分が何をしていけばいいのかをしっかりと見据え、実践していけるかということだ。

「これ以上憎しみに身を委ねるな!」アシタカ

自らが呪いを受けて、その憎しみと恨みを持つことがどれだけ苦しみとなるのかを知ったアシタカ。

また、その憎悪の念を持ち続けて、それだけに身を任せて生きればさらに呪いは増えていく。

自分を救いたいからこそ、他者を救う力強いアシタカの言葉。

されたことを人にはしないという、そんな男になりたいですね。

「賢しらに僅かな不運を見せびらかすな」エボシ

腕の痣を見せたアシタカはそんなつもりはなかったのだろうが、沢山の呪いを受けた人々の看病をしているエボシからすれば、そのように映ったのでしょう。

この時はまだ、互いのことを知らないので、こうした小さな衝突となっています。

多くの悲しみを知っている人ほど、そんな風に見えてしまうのも仕方がないところ。

「どうかその人を殺さないでおくれ。その人はわしらを人としてあつかってくださった、たったひとりの人だ」

アシタカから見れば、自分の呪いの原因はエボシの行い。

自分の運命を呪い、悲しみと怒りに任せて動くのならば、今すぐにエボシを殺したいところだろう。

しかし、村人たちからすれば、エボシは英雄であって、それでも救われる人たちがいる。

その思いがあるからこそ、アシタカは怒りを鎮めて自分の運命と向き合っていくことになる。

「生きる事はまことに苦しく辛い。世を呪い人を呪い、それでも生きたい。」

これは、人間である以上は必ず持っている思いで、極みでもあります。

アシタカは、今すぐにでも復讐したい気持ちで張り裂けそうになっている。

それでも、エボシの善なる行いを見て、救われた人たちを見れば殺すことはできない。

そして、そのアシタカ自身でさえも、自分が生きていきたいと思っているからこそ、旅をしている。

「生きたい」という気持ちは、誰しも同じであるということ。

正しいとか間違っているとかではなく、「生きていたい」。

そんな思いから、後にアシタカは争いを止める行動に踏み切るのでしょう。

「私は自分でここへ来た!自分の足でここを出る!」アシタカ

やはり、どんな場面においても、全ての行動は自分の責任。

だからこそ、自らの行動は誰にも止めることはできないこともよく知っている。

自ら赴いて、自ら去ることの潔さが男らしくて素晴らしい。

何が正しいのかわからなくても、これだけは守っていきたいですね。

「生きろ・・・そなたは美しい」アシタカ

瀕死の状態でサンに刃を向けられながらも伝えた言葉。

アシタカには、生きることに全力を尽くすサンの姿がとても美しく見えたのだろう。

だから、争わず、憎しみを捨て、生きることだけに力を注いでほしいという願いが込められているように感じる。

「あの娘を解き放て!あの娘は人間だぞ!」アシタカ

アシタカは、人間の気持ちも、モロの君の気持ちも、サンの気持ちも全て理解している。

ただ、サンの思いの根源は、モロの君が持つ恨みを映し出したものだと気づいていたのだろう。

サンにはサンの生き方がある。

それを認めてあげたかったのだろう。

別のシーンで、モロはサンに自由に生きることを許しているセリフがあるので、モロも心の奥底では本当はわかっていたのかもしれない。

「黙れ小僧!お前にサンが救えるか」モロ

サンを娘のように愛情を注いで育てたモロの君。

そして、その悲しい生い立ちを知っているからこそ、アシタカにはどうにも出来ないと思ったのでしょう。

真実を聞けば、確かに心に突き刺さります。

「わからん、だが共に生きることはできる」アシタカ

 

モロの君にサンをどうするのかと問い詰められた時のアシタカの返答。

わからないと正直に答えているものの、それでも何かいい方法があるはずだという強い意志が見える。

このアシタカの姿勢には誰もがホレボレするだろう。

今はその答えはわからなくても、必ずどこかにいい解決方法があるはずだと諦めない。

この気持ち、忘れたくはないですね。

「それでいいよ。おまえにはあの若者と生きる道もあるのだが」モロ

心にジーンとくるセリフのひとつ。

アシタカとは口論になり、何も出来ないと説き伏せたものの、サンの前では生きる自由を与えようとします。

サンの気持ちを思ってなのか、アシタカの思いを汲んでなのか、モロがそうしたいと願っているのか。

また、長い年月をかけて育てながら、ずっと心に抱いていた思いなのか、アシタカと出会って心変わりしたのか。

真実はわかりませんが、おそらくモロの君は心の奥底でいつかその時が来ると覚悟はしていたのではないかと感じられます。

「シシ神の首とタタラ場とどちらが大切なのだ!」アシタカ

ひと昔前までは、男性が嫌がる女性の発言としてよく取り上げられていたもの。

「私と仕事とどっちが大切なのよ!」とよく似ていますね。

現代では、これは正しく聞こえるのは私だけだろうか。

本当に大切なものを守るために、動くべき時に動かなければ、多くのものを失ってしまう。

今それがやるべきことなのか。

アシタカは必死にそれを言いたかったのだろう。

「私は人間だ!そなたも人間だ!」アシタカ

クライマックスのシーンで、何もかも終わり、人間なんて大嫌いだと言うサンにかけた言葉。

誰もが自分の意思に従って生き、苦しみと闘いながら生きている。

それが人間であって、生きることの本質なのだということだろう。

「まだ終わらない。わたしたちが生きているのだから」アシタカ

シシ神の首が落とされ、森が滅び始め、モロや乙事主も朽ちてしまった。

絶望しているサンにかけた最後の力強い言葉。

最後の最後まで諦めないアシタカの熱い思いに感動するセリフです。

森を人間が滅ぼしてしまった。

それでも、まだやれることがある。

曇りなき眼で見定め、何をなすべきかを極め、行動に移していくアシタカは本当に素晴らしいです。

「アシタカは好きだ。でも人間をゆるすことはできない」サン

サンは、その悲しい生い立ちと、エボシに受けた行為によって、人間を悪としてひとくくりで見ていたのでしょう。

だからこそ、人間をなかなか好きになることはできないもの。

それでも、アシタカのような人間もいることを知り、同じ人間であるサンの心が少しほぐれ始めたことを表していますね。

悲しみはなかなか癒えないでしょうし、本当の和解までは生きている間では時間が足りないかもしれない。

それでも、山犬にも人間にもなれなかったサンが、一人の人間に心を許したということは、大きな一歩を踏み出したことになります。

アシタカは、それほどに大きなことをやってのけたわけですね。

「それでもいい。サンは森で、わたしはタタラ場で暮らそう。共に生きよう。会いに行くよ。ヤックルに乗って」アシタカ

とにかく最後まで愛情深く、慈悲に満ちたアシタカ。

なんでもいいから、とにかく生きていてほしい。

そんな思いがあったのでしょう。

別々の場所、別々の暮らし方をしていても、どこかに存在を感じて、共に生きて行く。

たまには会いに行くから、とにかく生きて行こうと励まし、最大の愛情表現をしています。

アシタカは、本当に熱く、慈悲深く、素晴らしい青年ですね。

「バカには勝てん」ジコ坊

全てが原点に帰り、作品の最後を飾るセリフがこれ。

簡単なセリフではあっても、これまでのストーリーがあってのこのセリフだからこそ、深い意味を持つ。

バカでもなんでもいいので、全てを諦めさせるほどのアシタカの強い心が、人を無欲に返したのだ。

スポンサーリンク

最後に

もののけ姫という作品は、本当に多くのことを教えてくれます。

様々な人間模様がありながら、アシタカはたったひとつのことだけを貫いた。

どのキャラクターのセリフを見ても、理解は出来ることばかり。

それぞれに生きる理由があり、そうなってしまうのも仕方がないこと。

しかし、それでも苦しみに負けて、憎しみに身を委ねてはいけない。

強く生きるために、多くのことを学ばせてくれる。

こうした名セリフ、名場面からあなたは何を感じ取るだろうか?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください