アシタカはなぜカヤにもらった小刀をサンにあげたのか考察!

考えさせられる深いアニメ「もののけ姫」。

イケメン主人公のアシタカは、カヤにもらった小刀をサンにあげてしまう。

そこには一体どんな意味があっただろうか?


スポンサーリンク

村を出る時、カヤはアシタカの身が守られるよう祈り、小刀を渡した。

しかし、最終的にはこの小刀をサンにあげてしまう。

このことに、ネットでは賛否両論あるようだが、私なりにこれを考察してみます。

小刀をアシタカへ渡すカヤの想い

アシタカの許嫁だったカヤはどんな想いで小刀を渡したのか?

そのヒントは見送りのシーンにあります。

カヤ
「兄さま」

アシタカ
「カヤ」
「見送りは禁じられているのに」

カヤ
「おしおきはうけます」
「どうかこれを。私のかわりにお伴させてください」

アシタカ
「これは?大切な玉の小刀じゃないか」

カヤ
「お守りするよう息を吹きこめました」
「いつもいつもカヤは兄さまを思っています」

アシタカ
「わたしもだ。いつもカヤを思う」

このやりとりから見ても、カヤが本当にアシタカの身を案じて想っていることがわかる。

一緒にいてほしい、そばにいてほしいという自分の願いよりも、何よりもアシタカの身に危険なことがないことだけを祈っている。

この短いシーンだけで、伴侶としては素晴らしい姿を見せてくれるのがカヤだ。

また、見送りが禁じられているにも関わらず、お守りとしてどうしても小刀を渡したかった。

ただその想いだけがとても強く感じられる。

カヤから小刀を受け取ったアシタカの想い

小刀がカヤの手からアシタカへ渡されるシーンをもう一度。

カヤ
「兄さま」

アシタカ
「カヤ」
「見送りは禁じられているのに」

カヤ
「おしおきはうけます」
「どうかこれを。私のかわりにお伴させてください」

アシタカ
「これは?大切な玉の小刀じゃないか」

カヤ
「お守りするよう息を吹きこめました」
「いつもいつもカヤは兄さまを思っています」

アシタカ
「わたしもだ。いつもカヤを思う」

この一連の流れでわかるのは、カヤの心の想いをきちんとアシタカは受け取っているということ。

想いは形として残し、それが小刀だったということ。

カヤがどんな気持ちで見送りに来てくれたのか。

それを瞬時に理解し、感じ取り、きちんと受け取っているところもイケメンなアシタカです。

カヤとアシタカは再開を約束しない

カヤとアシタカのやりとりを見ると、一切無駄な会話がない。

自分が何を思っているのか?

それだけをお互いにストレートに伝えているために、お互いにその意図をしっかりと受け止めている。

カヤが「行かないでほしい」、アシタカが「行くのをやめる」などと言い出せば、二人は何かがずれていただろう。

そのどちらもなく、互いに運命を受け止めて、今できることは何かをきちんと見定めている。

再開することは約束はせず、それもただ運命に委ねる。

それが二人の結論だということなのだ。

去り際のアシタカのセリフの意味は?

アシタカは、カヤと別れる時に

「わたしもだ、いつもカヤを思う」

それだけを言い残して去っていく。

この時のアシタカの心境はどうだったのか?

やはりここでも心の強さがうかがえる。

今は自分の運命を見定めにいくしかない。

カヤならわかってくれる。

いつ戻れるのか?

戻るのか戻らないのかもわからない。

ただ、いつもカヤを思うことだけは約束する。

そういった思いをこめた短いセリフだ。

作品を見ていると、アシタカは女たらしだとか嘘つきだとか言われるが、それは第三者目線で見ているからだ。

カヤの立場から、それが本当でも嘘でも関係はない。

戻ってこなかったとしても、アシタカがいつも思ってくれていると思えばカヤは強く生きていける。

それをわかっているのかいないのかはわからないが、さらっと言ってしまうアシタカは素晴らしい。

その言葉は、嘘でもなんでもないその時の素直な気持ちだということだ。

アシタカはなぜカヤにもらった小刀をサンにあげてしまったのか?

さて、ここからが本題。

セリフなどはすっ飛ばして、なぜカヤにもらった小刀をサンにあげたのかだけにフォーカスしていきます。

アシタカは、自分がいつも身につけていたその綺麗な小刀をサンに渡す。

そして、最後のシーンでは「会いに行くよ。ヤックルに乗って」と言っている。

これは、どこかで見たことのある光景だ。

そう、アシタカとカヤのやり取りとそっくりである。

アシタカはカヤから想ってくれる気持ちと小刀を受け取った。

そして、カヤにはアシタカから想っているという言葉を残した。

こうして、二人は互いに愛を与え合った。

アシタカは、いつも身につけていた小刀をサンに渡した。

サンはそれがあれば、これまでの出来事とアシタカの想いにいつでも触れることができ、強く生きられる。

そして、最後に「会いに行くよ」と言ってあげることで、その別れを辛くならないようにしている。

アシタカはカヤにもらった愛でここまで強く進んでこれた。

今度はそれをサンにも分け与えたということだと私は見ている。

恋愛目線で見る物ではない

この小刀論争は、恋愛目線でみてしまったら女たらしに見えるだろう。

しかし、これはそういった見方をするものではない。

アシタカをもっとよく見てほしい。

いつも素直で、目の前にいる人を助け、全てを愛し、何もかもがうまくいく方法だけを追い求めている。

これは誰にもらったとか、嘘をついたとかそんな小さいスケールの話ではない。

一緒にいてほしい、約束を守ってほしい、私の気持ちをわかってない。

そういった気持ちというのは、愛ではなく欲望や嫉妬というもの。

仮に、サンに小刀をあげてしまったことをカヤが知ったとしても、カヤはそれを咎めるはずがない。

カヤならきっとこう言うはず。

「兄さまがそれが正しいと思ったのならそれで良かったのでしょう」

これが本当に心から想っている人の気持ちというものではないだろうか。

スポンサーリンク

カヤからアシタカへ、アシタカからサンへ

この小刀が渡されることから感じ取らなければいけないこと。

それは、「愛の連鎖」というもの。

誰かから想いを差し出されたら、その愛をしっかりと受け止めること。

そして、それをそのままその人に返すだけではなく、心の中にしまって強く生きること。

自分に正直に生き、いつでも素直でいること。

また、愛に飢える人に出会ったら、もらって心にしまっていた愛を分け与えてあげること。

これが最も大切なことで、この流れから感じ取らなければいけないことではないかと私は想っている。

誰かにしてもらったら、それをまた別の誰かにしてあげる。

同じ相手にそのまま返すのも間違ってはいないが、それはある意味で愛情を受け取っていないことにつながる。

してもらったことを受け取るとはそういうこと。

愛を受け止めるとはそういったことなのだ。

そしてまた、自分から差し出せる時には、愛を分け与えて行けばいいのだ。

そうやって愛の連鎖が生まれるのだ。

アシタカとサンはその後どうなった?

これだけは誰にもわからない。

ただ、愛情というものの本質を知った二人は、どんな状況になっても強く生きていけるだろう。

また、愛を分け与えることも理解しているため、出会う人にも愛を与えていく存在となるに違いない。

二人が結ばれ、子供ができて育てることも愛を与えること。

離れ離れになって、また新たな旅に出ても愛を与えることをやめないだろう。

私の妄想の中では、アシタカはサンには会いに行くことはないだろうと思っている。

最後に

今回は、アシタカ、カヤ、サンの複雑な関係性を一本の線で結ぶために書きました。

バラバラに考えたり、女性目線で見たりすると偏った見方になってしまいます。

ですが、もっと大きなスケールで見れば、やはり愛のある行動です。

アシタカは常に、「愛のある行動」それだけを貫いています。

形はどうであれ、全てそこには愛情があります。

村を守り、村を出て、戦い、説得し、瀕死になり、また戦い、説得を繰り返す。

それらの行動全て、愛を貫くために必死になって生きているからこそできること。

アシタカは、愛があるからこそカヤにもらった小刀をサンに渡しているのです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こでんなす より:

    初めまして、あなたの考察が私は好きです。
    恩を受けた相手に返すだけが恩返しじゃない、同じく困っている人に同じように優しく、助けてあげることも恩返しという考え方凄く好きなのでカヤの小刀の意味(?)で私の心に一番しっくりきた考察でした。ありがとうございました。

  2. 侍従長 より:

    私は、カヤの刀は「持ち主に生きてほしいという祈りを込めた刀」だと解釈していました。

    まず、神殺しを侵し呪いを受けたアシタカは、村の掟によって「死んだ者」として扱われ、村にいられなくなりました(だから呪いが解けても村には帰れない)。

    しかし彼は生きることを諦めず、呪いを解く旅に出て、そんなアシタカにカヤは「生きてほしい」という祈りを込めて小刀を贈ります。

    その後、アシタカはシシ神に出会いますが、呪いを解いて貰えませんでした。「呪いによって死ぬのがお前の天命だ」と告げられた訳ですね。
    私はこの時、アシタカは自分の死を受け入れ、残りを命をどう使うか、と考えるようになったのではないかと思います。

    生きる望みを絶たれたアシタカは「カヤの願いに応えられない自分が持っている意味はない」と考えて、自分が「生きてほしい」と思うサンに、自分自身の祈りを込めて小刀を贈ったのではないでしょうか。

  3. ひな より:

    私も侍従長さんの意見に共感します。

    また、メイキングの中で宮崎監督は、アシタカとカヤの別れのシーンのアフレコ収録の際に、こんな主旨の演技指導をされています。
    「本来ならアシタカと結婚するはずだった、でももうアシタカは村では死んだ者になってしまった。今生の別れだ。アシタカが男らしく、私も思おうって言ってあげないとカヤに未練が残る。」と。

    愛を与えあったというより、お互いがそれぞれに、断ち切らないといけないものがあった、ということなのではないでしょうか。カヤはアシタカとの未来を、アシタカは自分自身の命への希望を。

    小刀はお守りとしてカヤが息をふきこめたとありますから、呪いが解けない自分よりもサンを守って欲しいという気持ちもあったんじゃないかなとも思います。

    もちろん、サンへの愛情があっての行動であることは間違いないです。

    本編エンディングのサンとの別れは、カヤとの別れとは違って今生の別れでも辛い別れでもなく、その後2人は頻繁に会っていると監督は言及されています。
    コンテにも「アシタカからのプロポーズを受けて応える」というようなことが書かれています。

    それを踏まえると多少、恋愛的な要素も自然な感情描写として含まれているのでは?と思います。

    コンテやメイキングなどを抜きにして、本編だけに絞っても、モロのアシタカ・サンに対する言動を見れば、そういった部分も感じ取れるのではないでしょうか。
    俗っぽい例えになってしまいますが、アシタカに対しては「娘婿に対して課題と試練を与える父親」、サンに対しては、声のトーンも含めて、まるで「嫁入りを前に悩む娘に対する母親」そのものですから。

    解釈はいずれにせよ、もののけ姫は素晴らしい作品だと思います!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください