「もののけ姫」主人公・アシタカがなぜイケメンだと感じるか!考察してみた。

ジブリアニメの名作「もののけ姫」。

それぞれのキャラクターのインパクトが強く、中でも主人公・アシタカの男前っぷりは秀でている。

では、なぜ彼がそこまでイケメンに見えてしまうのでしょうか?


スポンサーリンク

もののけ姫の主人公・アシタカのイケメンの要因は何なのか?

世論と私なりの考察を交えて紹介します。

アシタカはマジでイケメン

イケメンと言っても、世の中には容姿端麗なイケメンと、独特のオーラを持っている雰囲気イケメンとがいます。

それぞれに良さがあるものですが、そのどちらも兼ね備えているのがアシタカ。

容姿はまあ普通だと言う意見があったとしても、とにかくその雰囲気が男前すぎるんですね。

ただ、それをどう表現したらいいのかわからないという方が多数なのではないでしょうか。

まあ、結論として「アシタカはイケメン」ということだけでいいのでしょうが、そこを敢えて研究してみるのです。

世の中の男性諸君(私も含む)。

世間からイケメン、男前だと認められるには何が必要なのかを学んで下さい。

アシタカに対する世の中の意見

アシタカは、ジブリ作品の中でも抜きんでてイケメン扱いされる。

その秘密はなんなのだろうか?

ネットの口コミを集め、世間がどこに魅力を感じているのかを見てみよう。

・イケメン+主人公+呪い。ジブリ最強戦士でしょ

・撃ってきた矢を掴みとってそのまま打ち返すシーンとかヤバイ。

・なんであいつやる事なす事あんなイケメンなんだよ。

・アシタカが弓で相手の両腕を吹き飛ばすところ。傷を負いながらも片手で10人だか必要な扉を開けるところかっこよすぎる。

・もののけ姫のサンとアシタカって、厨二だけどカッコイイ!

・私はハウルの方が好き 笑

・アシタカちょっと話がかみ合わないところがまた好き。

・はじめて見たとき、小学生ながらに恋した

・すんげーいい男とおもった

・頬の傷が萌える!

・ジブリの中でも一番好き!

・アシタカ最高!!

・千と千尋のハクと、アシタカには子供のころ本気で好きになった

・男の中の男

・男らしい。

・祟り神の呪いを村の娘たちにかけさせまいと身を呈して守ったところがもう!

色々な意見があるのですが、やはり女性目線が多く、漠然としたものが多い印象。

女性たちからすれば、何がどうなってカッコいいとかそういったことではなく、感じるものなのでしょうね。

中には「ん?」なものもありますが、やはりアシタカのどこを見るのかですね。

私は個人的にこの方の解釈が一番近いかもしれない。
↓↓↓↓↓

・圧倒的な存在感、イケメンオーラ、ルックス、威風堂々、行動力、信念。
残念ながらこれらはイケメンの決定的な要因にはなっていません。
詳しくはコチラ↓
切り取る世界 ゆずたその備忘録 〜 a piece of the world 〜

アシタカだけをよく見てみよう

アシタカがなぜかっこよく見えてしまうのか?

作品全体をなんとなく見ている時にはぼやけて見える部分かもしれませんが、要は誰にフォーカスして見るのかで見え方が変わってきます。

アシタカが男前だと言われているのなら、まずアシタカをきちんと見てみよう。

その中に、必ずイケメンのヒントはあります。

目の前の困っている人を助ける

アシタカは、最初にタタリ神に遭遇し、村を守るために戦おうとします。

しかし、まずは目の前にいる老人、三人の女の子を守らなければいけません。

そこですぐに行動に出ます。

全体の様子を瞬時に把握し、自分がタタリ神に立ち向かうことで、村の危険を回避します。

そして、追い払うことができないと知ると、呪いをもらうことを覚悟で矢を放ちます。

村を出て、河でケガをしているタタラ場の二人と出会います。

そこでも、ケガの治療をし、一人を背負って山を越えます。

アシタカをよく見ると、そういった行動を常にとり続けます。

ただ、出会った人に優しくし、困っていたら助ける。

こうした行動は、簡単なようで意外と難しいことだったりするが、アシタカは当たり前のようにこれをこなしている。

常に一人で行動している

アシタカは、どんな場合でも常に一人で行動している。

それを心がけているわけでも、敢えてそうしているわけでもない。

ただ、一人で行動することもアシタカの中では当たり前なのかもしれない。

誰かと助け合うことはあっても、馴れ合いにはならないようにする。

他人の意見を取り入れるのもいいが、自分で全て判断する。

恐らくアシタカはその為に一人でいるのだろう。

それが、アシタカにとって当たり前となっている。

優しく礼儀正しい

アシタカはとにかく優しい。

何をどう思ってとか打算的なことは一切考えてはいない。

出会った人には優しくし、どんな人にでも礼儀を重んじる。

誰に出会っても、相手に敬意を払い、礼儀正しく接している。

これもまた当たり前だと思っての行動だろう。

最後まで諦めない

アシタカの行動を見て、最後にはジコ防に「バカには勝てん」と言われています。

確かに、自分の命を犠牲にしてまでモラルを守ろうとすることは、世間からみればバカに見えるかもしれない。

しかし、アシタカはそれしか自分の中に答えはなかったのでしょう。

むしろ、なぜそのようなことをするのか理解ができなかったのかもしれません。

そこでサンと意気投合し、最後まで信念を貫き通す。

心の底からそれが正しいことだと確信していなければ、この強さは見せられないだろう。

アシタカに見える男前理論

ここまで振り返ってみて、大体のことがわかってきただろうか?

アシタカがなぜカッコよく見えるのか?

世の中の男性は、「そんなこと?」と思うかもしれませんが、その「そんなこと」がそう簡単に真似できるものではない。

人に優しくし、尊敬し、弱い者を助け、人に流されずに自分で考え、すぐに行動し、最後までやり遂げる。

現代社会で生きていくのに、そのどれも真似するには難しい。

これが男前の条件なのだ。

「そんなのやろうと思えばできるし~」

という声が聞こえそうだが、本当にそうならば是非実践してみてほしい。

できるようになればモテること間違いなしだ。

スポンサーリンク

当たり前のかっこよさ

アシタカの行動を見てみるとわかる通り、何か特別なことをしたわけでもないし、大きな功績を残そうとしていたわけでもない。

ただ彼は「素直」だったということ。

誰かの意見を聞いたり、それに従ったりするのではなく、常に自分の心と対話していた。

自分の目で見た物、聞いたこと。

これを心で感じ、それだけを信じて行動していた。

周りから見れば、「バカ」「真面目すぎ」「自信がある」「女たらし」「優しすぎ」とか色々な表現ができるが、それらはどれもどこか一部にフォーカスした表現。

アシタカはとにかく素直なのだ。

そして、その心の声に従うだけ。

それは、人間が生まれ持ったもので、当たり前のことばかり。

また、どんな境遇であろうと誰の心も同じだということ。

アシタカを見ているとそれを感じてしまう。

ヒイ様の言っていた「曇りなき眼で見定めれば」とはこのことだろう。

素直に見なさい。

心の声を聴きなさい。

アシタカは、ただそれだけを持って生きているのだ。

アシタカを見習おう

もののけ姫がヒットする理由は、やはりキャラクターの濃さだと言える。

アシタカ、サン、エボシ。

他にも多くの人物が登場するが、そのどれも人の中に必ずある感情を表している。

そして、主人公であるアシタカがもっとも真ん中に近い人間。

イケメンに感じるのは、大人が難しくしてしまった「素直である」ということを表現しているからだろう。

何をするにも素直が一番。

 

見たまま感じたまま、その心に従って表現する。

他人の意見に流されたり、相手の出方によって態度や行動を変えたりはしない。

アシタカを見て感心するだけでなく、少しでも近づけるように頑張ってみよう!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください