「魔女の宅急便」キキの魔法が消えてしまったのはなぜ?

ジブリの名作 「魔女の宅急便」で、ストーリーの後半でキキの魔法が消えてしまいます。

ジジと話せなくなり、空も飛べない。

作中では明かされないその理由と、宮崎監督の思いを紹介。

主人公・キキは、一度寝込んでしまった後から、飛べなくなってしまい、黒猫のジジが何を言っているのかもわからなくなります。

その理由として都市伝説的な噂が様々な流れています。

作品を見てどう感じるかは人それぞれであり、それもまた作る人の狙いだったりもします。

ただ、これには深い意味が隠され、そこには監督のある思いが込められていたようです。

都市伝説では語れない!?

ネット上では諸説あり、その中でもキキがトンボに恋をしたことで、精神的に不安定になったために消えてしまったという意見が多数。

中には初潮をむかえたためという説がなんかもあったりします。

確かにキキは様々な経験をして大人の女性になっていきます。

トンボに対しても、ただのナンパなやつとして冷たく当たりますが、次第に自分に素直になることを覚えていきます。

しかし、この「魔法が消えてしまう」というテーマについては、監督の思いがあったようです。

それは、決して都市伝説などで語られるような単純なものではなく、とても深い意味が込められています。

また、これが「魔女の宅急便」の本当の核となる部分であり、単純なストーリーに見えてしまうという高い技術でしか成し得ないミスディレクションによって隠されている裏設定でもあるわけです。

スポンサーリンク

飛べない理由は単純ではなかった!?

宮崎駿監督は、キキの魔法が消えてしまったことについて以下のように述べています。

「キキが飛べなくなった理由は女の子ならわかる」

「飛べなくなったのはトンボとケンカしたからだとか、説明すれば問題は明確になるとか言えば、そうはならないと思うんです。」

「僕は、トンボとキキは恋仲になったとは全然思っていないんです。ただ、気のおけない友人にはなるだろうとは思いますが」

思春期になり、恋に落ちたことによって、精神的に不安定になったために魔法が消えてしまった。

という説は、この宮崎監督のコメントからすると、そんな単純なものではないことがわかる。

女の子ならわかるということも、思春期や初潮という解釈は安易すぎる。

誰でも飛べなくなってしまう!?

ヒントはウルスラが話してくれます。

キキは、飛べなくなったことに悩み、そのことを画家少女・ウルスラに相談しますが、「描けない時は何もしない」「描かない」というアドバイスを受けます。

これは、宮崎駿監督自身の経験をそのままウルスラというキャラクターに投影したもので、「昨日まで当たり前にできていたことができなくなる」という意味だそうです。

そしてこの「昨日まで当たり前にできていたこと」というのは、努力や経験で得たものではなく、その人が産まれながらにして持っていた才能のことを
指している。

つまり、「キキの空が飛べなくなる」という事象もこれと同じというわけです。

これができなくなることの辛さ。

そしてそれが出来なくなる理由は誰にも分からないし、自分でもわからない。

この、自分で自分がわからなくなり、自分で自分を素直にうまくコントロールできなくなる状態が、少女の思春期の精神状態に似ていることから、その二つを重ねて表現しているわけです。

誰かに助けてもらって解決できることではない。

自分で答えを見つけ出して乗り越えるしかないことを監督は伝えたかったのだろう。

もうひとつの隠されたストーリー

宮崎監督は、この「魔女の宅急便」の話が持ち上がった当初は、あまり乗り気ではなかったとのことですが、「自分なりの描き方をすれば作れる」ということで制作が始まり、ペンが走ったそうです。

その「自分なりの描き方」というのが、この思春期の悩みと才能のスランプを重ね合わせた二つのストーリー展開での表現だった。

生まれつきの天才と言われた宮崎監督にも、同じスランプがあり、それをそのままストレートに描いたのでは万人には伝わらないし、ましてや売れない。

そこで、誰にも訪れる思春期と、スランプが似ていることから二つを重ね合わせて見る人、見る角度によって変わってくる物語を見事に完成させたのだ。

スポンサーリンク

まとめ

今回はキキの魔法が消えてしまった理由についてまとめてみました。

なぜ飛べなくなったのか?
なぜ魔法が消えてしまったのか?

という疑問の中に、なぜジジの言葉がわからなくなった?ということも同時に含まれるようにも思いますが、これはまた少し違うものになります。

結論的にはジジと話していたことが魔法ではなかったのですが、それはまた別記事で紹介します。

考察の結果は以下。

・空が飛べなくなったのは才能のスランプ
・才能のスランプを思春期の精神状態と重ねて表現

結局のところ、全てひっくるめて「キキが成長したから」でまとめられるのですが、それだけで理解するにはちょっと難しいですね。

こうして一つ一つ紐解いていけば、その「成長したから」の真意がわかりますが、普通に見ていてそこまで気づける人は少ないでしょう。

しかし、さらに宮崎監督のすごいところは、視聴者のほとんどは真意に気がつかずに、単純な思春期の少女の物語として見ることを狙っていたということ。

そして、こうして沢山の視聴者が色々なことを想像し、考えることで長く愛される作品となっていくわけです。

宮崎監督は本物の天才ですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください